10/9~10 秋の風に吹かれて、のんびりキャンプ。

3連休の後半2日、広川の林道へソロキャンプに行こうと考えていました。
日曜日の午前10時頃に前日からの雨も止み、そろそろ出発しようかなと思っていると、ジェベルの友人から「今どこ?俺も行く!」という連絡が。
はいはい分かりましたと返事をしたものの、よく考えると二人揃うと雨が降る確率が跳ね上がることをすっかり忘れていました。
前回の坂泰林道でも、ひどい雨にやられたばかりだし・・・(-_-)
一抹の不安を胸に、高速で広川へ向かったのでした。
c0348553_22341581.jpg
混雑した高速を降り、林道へ通じる山道に入ってほっとひといき。
日射しがないのもあって、だいぶ涼しく感じるなあ・・・。




c0348553_22350163.jpg
c0348553_22353083.jpg
c0348553_22354838.jpg
午後2時前にはいつもの広場に到着し、テントを設営。
すぐそばの水場の滝の水量が増えており、こりゃあ夜寝るときはうるさそうだなあ・・・。
そうこうしていると、ジェベルの友人も到着し、いつものポジションに設営。
c0348553_22362399.jpg
c0348553_22362796.jpg
焚き木を拾い集めてひと通りの仕事が済んだところで、昼寝でもするか・・・とテントに戻ったところ、二台のバイクが通りかかり、我々のテントの前で停車しました。
そのうちの一人は我々のブログをご覧になっていた方だそうで、以前にすれ違ったこともあるとのこと。
もう一人は、日高川でライダーハウスを経営されている方でした。
いろいろお話した結果、お昼寝のタイミングを逃しました(-_-)
c0348553_22370102.jpg
c0348553_22370404.jpg
c0348553_22370702.jpg
c0348553_22371061.jpg
前回の雨のキャンプですっかり錆びてしまった焼き網を新調しましたが、ちょっと大き過ぎたか・・・?
それはともかく、心配をよそに天候もすっかり回復して青空に漂う秋雲が何とも言えず美しいなあ。
半月のお月様もくっきりとその姿を見せており、こりゃあ夜は明るくて助かりそう。

米を炊いて夕食の支度をしていると、雲が赤く染まっているのに気付きました。
c0348553_22375040.jpg
c0348553_22375396.jpg
c0348553_22375710.jpg
綺麗だなあ・・・。
そういえば数年前、坂泰林道の河原でキャンプしたときにもこんな夕焼けを見たよなあ・・・あれも確かこれくらいの時期だったか。
我々のいるキャンプ地も、うっすらと赤味を帯びていました。
c0348553_22383070.jpg
c0348553_22383359.jpg
c0348553_22383524.jpg
c0348553_22383981.jpg
夕焼けのショウタイムも終わる頃、お米が炊き上がりました。
あとはウインナーを焚き火で焼いて、インスタントの味噌汁を作るだけ。
いつもながらの、質素な夕食です(-_-)
c0348553_22393957.jpg
c0348553_22395707.jpg
c0348553_22401774.jpg
c0348553_22403164.jpg
c0348553_22404293.jpg
c0348553_22405408.jpg
食後は星空の写真を少しだけ撮り、夜の8時台にはそれぞれのテントに戻り寝袋に潜り込みました。
しかし、水場の音がうるさいのと、今日は全然疲れていないこともあってまったく眠れません。
文庫本を読んだり、ラジオを聴いたりしているうちにようやく眠りに着けたのでした。

翌朝は6時に起床。
外に出てみると、朝っぱらから真っ青な空が広がっているのに驚きます。
c0348553_22411053.jpg
c0348553_22411259.jpg
気持ち良さそうに空の上を泳ぐ雲がとても美しくて、清々しい気持ちに包まれます。
今日は下道で寄り道しながら帰る予定なので、こりゃあ俄然楽しみになってきたなあ・・・。
とりあえずは米を炊いて、腹ごしらえだ。
c0348553_22415225.jpg
c0348553_22415544.jpg
c0348553_22415864.jpg
c0348553_22420252.jpg
c0348553_22420667.jpg
出発の準備が整ったのが午前9時。
友人はまっすぐ帰宅するので、実はここでお別れです。
私は林道を下り、友人は上ります。
お互いのバイクの暖機を済ませ、それぞれの方向に走り出したのでした。
c0348553_22425389.jpg
c0348553_22425777.jpg
c0348553_22425934.jpg
c0348553_22432673.jpg
c0348553_22433797.jpg
吹く風は涼しく、この前の週末に汗だくで林道探検したことがまるで夢のようです。
季節の変わり目を肌で感じることができるバイクって、やっぱりいいよなあ・・・しみじみと感じつつ、セローを走らせます。
走る道も、2速から4速を行ったり来たりの交通量皆無の酷道ばかりですが、セローで走って楽しいのはやはりこんな道です。
10万kmが目前のセローは、今日も快調。
c0348553_22435870.jpg
c0348553_22441327.jpg
c0348553_22443034.jpg
c0348553_22444678.jpg
c0348553_22450056.jpg
c0348553_22450272.jpg
今日は最後にお気に入りのカモシカ林道に寄り道するルーティングで走っていたのですが、思った以上に遠い・・・。
あまりの好天に、あちこちで写真を撮っていたらすっかり遅くなってしまい、カモシカ林道に辿り着いたのは午後1時半でした。
もう時間がないので、ほんとにちょっとだけ寄り道しよう。
c0348553_22452611.jpg
c0348553_22452864.jpg
c0348553_22454865.jpg
c0348553_22455134.jpg
c0348553_22461178.jpg
c0348553_22461736.jpg
相変わらずの美しい緑が広がっていましたが、時間的な気持ちの余裕がないのが残念。
朝、のんきに米を炊いてる暇があったらもう少し早く出発すればよかった(-_-)
路面は雨の影響でぬかるみが多く、重い荷物も積んでいるので慎重にセローを走らせます。
c0348553_22464141.jpg
c0348553_22464490.jpg
c0348553_22470393.jpg
c0348553_22470687.jpg
c0348553_22472586.jpg
c0348553_22472726.jpg
束の間の時間でしたが、寄り道できてよかったな。
でも、そろそろ帰らないとなあ・・・。
c0348553_22475054.jpg
c0348553_22475248.jpg
森の区間を出て、開けた場所にセローを止めて、遅い昼食のカロリーメイトを頬張ってから、帰路に着きました。

[PR]
by shibainu16 | 2016-10-10 22:48 | 小さな旅(セロー) | Comments(0)
<< 10/23 霧のカモシカ林道。 10/2 青池林道再訪。 >>