9/17~18 坂泰林道周辺の、名も知らない道を探検・・・のち、雨。

この3連休はお天気が悪そうでしたが、初日の土曜日の日中は何とか持ちこたえてくれそう。
そんなわけで、土日の2日間で林道探検&キャンプに行くことにしました。
c0348553_12054654.jpg
早朝7時半に、高速の吉備湯浅PAでジェベルの友人と合流。
今のところはお天気もまずまず。
我々二人が揃うと夕飯のときに雨が降ってくるというパターンが非常に多いので、今日もそれくらいまでは大丈夫かな・・・?




さて、今回は新しい林道を探すことがテーマになっていました。
ひと昔前はツーリングマップルとにらめっこして面白そうな道を探したものでしたが、最近はグーグルマップの鮮明な衛星写真で探すことが多くなりました。
今回もそうして、キャンプ予定地の坂泰林道周辺の林道をいくつかピックアップしてきました。
実際は現地に行ってみたらゲートがあって入れない、ということも少なくないのですが・・・。
ということで、期待と少々の不安を胸に、高速を降り山へと向かったのでした。
c0348553_12061614.jpg
c0348553_12062404.jpg
c0348553_12062837.jpg
いつものように、龍神村までは県道・国道をつないでスムーズに走ってくることができました。
自販機で缶コーヒーを買って、のどかな山村風景を眺めながらひと休み。
写真には撮っていないけれど、あちこちで真っ赤な彼岸花が咲いていました。
空模様も雲が増えてきたような気がしますが、きっとまだ大丈夫。
目星を付けていた1本目の林道へと向かったのでした。
そして林道に入ったらいったん友人とは別れ、それぞれのペースで進みます。
c0348553_12070690.jpg
c0348553_12070956.jpg
c0348553_12073176.jpg
ん?セローの向こうに何か変な色が見えるけど・・・。
c0348553_12075119.jpg
c0348553_12075426.jpg
な、なんだこれは・・・。
普段目にする南紀の美しいエメラルドグリーンの水とはまた違い、青色の不思議な水でした。
初めての知らない林道を探検するとき、こうした思いがけない風景との出会いが一番嬉しいものです。
ここまで抱えていた不安もすっかり消え去り、上機嫌で先へと進むことにしました。
c0348553_12082655.jpg
c0348553_12082936.jpg
c0348553_12083814.jpg
c0348553_12084369.jpg
c0348553_12084967.jpg
緑が色濃く、苔むした森の中を進みます。
路面がぬかるんだ箇所が多く、滑りやすいので注意が必要ですが・・・これは素晴らしい林道だなあ。
c0348553_12094209.jpg
c0348553_12094589.jpg
c0348553_12095344.jpg
c0348553_12095641.jpg
途中で急坂の上りに差し掛かったところで、これ以上は危険という判断で引き返します。
徐々にお日様が当たる時間も増えつつありました。
c0348553_12103020.jpg
c0348553_12103822.jpg
c0348553_12104612.jpg
c0348553_12105700.jpg
c0348553_12110258.jpg
雨に濡れた緑がなんと美しいのだろう・・・。
そんな何気ない自然の表情に気付くのも、林道探検での楽しみのひとつです。
最後に、序盤の「青い池」で友人と待ち合わせしていました。
写真を撮ったりのんびりしていたらだいぶ遅れちゃったけれど・・・。
c0348553_12114884.jpg
c0348553_12115738.jpg
c0348553_12115934.jpg
暑い日に、ここで泳げたら最高だろうなあ・・・残念ながらそれは来年までお預けかな?
二人ともすっかり満足して、1本目の「青池林道」を後にしたのでした。

その後は、いつもお世話になっている近露のAコープでお弁当を買って昼食をとり、2本目の林道に向かうことにしました。
こちらは南紀の旅の初期の頃に入口を見つけていましたが、走るのは初めてとなります。
c0348553_12123430.jpg
c0348553_12123713.jpg
c0348553_12124099.jpg
c0348553_12124373.jpg
この林道も、緑が色濃く美しいなあ。
通り抜けできると予想していましたが、途中で路面崩落しており、引き返さざるを得ませんでした。
途中に支線があったので、そちらをちょっと探検しつつ戻ることにしました。
c0348553_12131848.jpg
c0348553_12132695.jpg
c0348553_12133574.jpg
c0348553_12134261.jpg
c0348553_12135580.jpg
c0348553_12135800.jpg
1本目以上に路面状況が悪く、バイクは一気に泥だらけになり、自分もすっかり汗だくになってしまいました。
Aコープに戻って今夜の食料を買い、ついでにアイスも買おう。
c0348553_12145716.jpg
さて、この後は近くの温泉に入ってからキャンプ地に向かおうと考えていましたが、思った以上に気温が高いので、温泉はやめてキャンプ地の河原で泳ぐことにしました。
もちろん、水中眼鏡は持参していました。
c0348553_12152340.jpg
c0348553_12152671.jpg
午後2時半頃に、坂泰林道の途中にある河原に下りて、テントを設営します。
設営でまた汗だくになり、早速目の前の川で泳ぐことにしよう。
c0348553_12155267.jpg
c0348553_12155452.jpg
c0348553_12160333.jpg
c0348553_12160680.jpg
c0348553_12161018.jpg
さすがに水は冷たく、もう長時間水中にいるのはつらくなってきましたが、さっぱりすることができました。
あとはしばらくボーっと過ごし、やがて焚き木を拾い集めて夕食の準備にとりかかります。
c0348553_12164278.jpg
c0348553_12165051.jpg
c0348553_12165350.jpg
c0348553_12165905.jpg
前菜のフランクフルトを食べて、米を炊いていると、空からポツポツと・・・。
たぶん気のせいだよね、と言っていると本降りの雨になりました。
なんでこういつも、米が炊き上がる直前に降ってくるのだろう(-_-)
慌ててカッパを着て、夕食を済ませたのでした。

夜7時半くらいにはテントに戻りましたが、その後も一晩中雨が降り続きました。
だいぶ疲れていたので良く眠れましたが、時々激しい雨音で目を覚ましつつ、長い夜は更けていきました。
c0348553_12172820.jpg
c0348553_12173147.jpg
c0348553_12173426.jpg
c0348553_12173680.jpg
夜が明けても雨の止む気配はなく、ぐっしょりと濡れたままのテントを畳んで撤収。
今日は寄り道もせず、まっすぐ帰路に着くことにしました。
たまには雨の中を走るのも悪くないかな・・・などと思いつつ、昼前には無事帰宅しました。
でも、後片付けが大変だなあ(-_-)

[PR]
by shibainu16 | 2016-09-19 12:18 | 16.9南紀の秘境探検42 | Comments(0)
<< 10/2 青池林道再訪。 9/3 夏の終わりのカモシカ林道。 >>