4/15 知らない道を探して。

先週に引き続き、今週も金曜が振り替え休日なのを利用して、セローで南紀の旅に出ることに。
今回は、以前から気になっていた道を探検しようと考えていました。
c0348553_2183227.jpg

まずは裏道で高野山まで上がります。
お天気も良好。



c0348553_218469.jpg

今シーズン初の高野龍神スカイラインを南下します。
平日ということでほとんど交通量もなく、マイペースで気持ちよく走っていると・・・路肩の側溝にバイクが落ちてる!
ライダーの方は無事で、バイクを引きずりあげるのを手伝うというハプニングがありました。
自分も気を付けよう。
c0348553_2185634.jpg

c0348553_219380.jpg

c0348553_219922.jpg

c0348553_2191655.jpg

スカイラインを走り切って龍神村に下りてくると、春色に彩られた山々が迎えてくれました。
なんと美しいのだろう・・・。

さて、目的の気になる道は、場所的には坂泰林道の近くでダートかどうかも分かりません。
いつものように、地図を見る以外の下調べはいっさいなしです(^^;)
c0348553_219237.jpg

c0348553_2192965.jpg

c0348553_2193517.jpg

走り始めると道はすぐにダートに切り替わり、轟音の渓流のそばを走る道になりました。
こんな場所があったのか・・・嬉しい驚きでした。
ドキドキしながら、この先を進むことになります。
c0348553_21944100.jpg

c0348553_2195719.jpg

c0348553_2110453.jpg

c0348553_21101120.jpg

c0348553_21101643.jpg

c0348553_21102270.jpg

c0348553_21102991.jpg

美しい緑のトンネルの中を進んでいたかと思うと、急に視界が開けたり、変化に富んだ風景を楽しませてくれます。
雰囲気的には、ここからそう遠くない広見川林道に似た印象。
いったいどこまで続くのだろう・・・不安を感じながら進んでいると、やがてチェーンが張られたゲートが現れました。
もう1時間近く走り続けたはずで、これでようやく引き返せる・・・ホッとしました(^^;)
復路は写真を撮りながら、のんびり行こう。
c0348553_21104433.jpg

c0348553_21105199.jpg

c0348553_21105785.jpg

c0348553_2111391.jpg

c0348553_2111974.jpg

c0348553_21111537.jpg

c0348553_21112221.jpg

水の豊富なところなので、こりゃあ夏の暑い日にキャンプできたら最高だろうなあ・・・。
ちなみに今日は、久しぶりに虎ヶ峰林道でキャンプする予定なのですが、この林道の探検でかなり時間を使ってしまいちょっと焦っていました。
c0348553_21113042.jpg

c0348553_21113644.jpg

c0348553_21114293.jpg

c0348553_21114998.jpg

c0348553_21115741.jpg

c0348553_2112411.jpg

空を見上げるともうお月様が見えていました。
こりゃあ今夜は明るくて助かりそうだなあ。
c0348553_21121261.jpg

c0348553_21121924.jpg

c0348553_2112251.jpg

c0348553_21123188.jpg

c0348553_2112368.jpg

c0348553_21124263.jpg

c0348553_21124845.jpg

午後の傾き始めた日射しが何とも言えず美しいです。
何度も何度もセローを止めては、そんな光景に見惚れていました。

結果的に探検は大成功でしたが、林道を出たのがもう午後3時過ぎでした。
これから、坂泰林道を北上して、さらにキャンプ地の虎ヶ峰林道まで走らなければなりません。
なぜ、虎ヶ峰林道じゃないといけないのか・・・それは、朝の鳥の鳴き声を聞きたい、ただそれだけの理由でした(^^;)
過去、春に虎ヶ峰林道でキャンプして、その素晴らしさが心に残っていたのです。

そんなわけで、当初予定していた温泉で疲れを癒すという余裕も無くなり、食料だけ買ってからまずは坂泰林道に入ります。
こんな夕方に走るのは初めてでした。
c0348553_2112571.jpg

c0348553_2113372.jpg

c0348553_2113951.jpg

c0348553_21131464.jpg

何度か休憩を入れつつ、林道を抜けたのが午後5時ちょうどでした。
そこから15分ほどで、目的の虎ヶ峰林道に到達します。
c0348553_21132097.jpg

c0348553_21132674.jpg

c0348553_2113324.jpg

c0348553_21133871.jpg

テントを建てて、焚き木を拾い集めてようやくひといき付けた頃には、もう暗くなり始めていました。
でも、予想通りお月様のおかげで手元が見えるくらいの明るさがありました。
米を炊いて夕食を済ませたら、焚き火の前でゆったり過ごすだけ。
遠くの水場の音がかすかに聞こえるくらいで、辺りは静粛に包まれていました。
c0348553_21134545.jpg

c0348553_21135257.jpg

c0348553_21135797.jpg

c0348553_2114352.jpg

c0348553_21141086.jpg

夜の写真撮影を楽しんで、9時前にはテントに戻り寝袋に潜り込みました。
明日はこの虎ヶ峰林道を走破して、その後ジェベルの友人と合流してもう一泊の予定です。
とりあえずは、明日の朝の鳥の鳴き声が楽しみだなあ・・・。
時折、どこからか聞こえてくる鹿の鳴き声を気にしながら、眠りに着いたのでした。
[PR]
by shibainu16 | 2016-04-24 21:14 | 16.4南紀の秘境探検39 | Comments(0)
<< 4/16・17 快晴の虎ヶ峰林... 阿蘇。 >>