4/8~9 ジムニーで吉野・大台の林道へ。

金曜日は振替え休日で3連休。
来週末にはセローでキャンプに出かける予定なので、今回はジムニーにキャンプ道具を積んで吉野・大台方面の林道へ行ってみることに。
堺から高速に乗り、西名阪~名阪国道の針ICで降りて吉野方面へ。
名阪国道は出張で走る機会が多いので、何だか妙な感じ(^^;)
まずは、もう2年あまり訪れていなかったお気に入りの林道へ。
c0348553_213364.jpg




c0348553_2131478.jpg

c0348553_213237.jpg

c0348553_2133086.jpg

c0348553_2133685.jpg

天気予報は晴れのはずなのに、終始曇り空で残念。
ここはお日様があると、木漏れ日が本当に綺麗な場所なので・・・。
ともあれ、誰もいない貸し切りの林道をのんびりと楽しませてもらいました。

その後はいったん麓まで降りて温泉に入ってさっぱり。
そして再び林道に戻り、見晴らしの良い広場にテントを設営しました。
夕方になってようやく、天候も回復の兆しを見せていました。
c0348553_2134484.jpg

恐らく、地元の方ならば場所は分かるかと思いますが、ここでは内緒にしておきます(^^;)
それはさておき、早いとこ火を起こして夕食の支度にとりかかろう。
c0348553_2135243.jpg

c0348553_2135887.jpg

c0348553_214559.jpg

積載能力のある車とはいえ、キャンプ道具は必要最小限で十分。
セローでのキャンプとの違いといえば、クーラーボックスがあるだけで他は全く同じです。
質素な食事を済ませ、辺りが暗闇に包まれると、初めての場所だけに緊張します。
水場が近くにないので、焚き火の音以外はまったくの静寂に包まれます。
空を見上げると、時間と共に星の数が増えていきます。
こんなに綺麗な星空は何だか久しぶりだなあ・・・。
c0348553_2142949.jpg

c0348553_2152132.jpg

夜の8時頃にはテントに戻り、寝袋に潜り込みました。
そこらじゅうに鹿の糞が落ちていたので、夜中に近寄ってくるんじゃないか・・・とちょっと気になっていましたが、幸いにも静かな夜になりました。
c0348553_2152859.jpg

翌朝は、賑やかな鳥たちの鳴き声と共に目を覚まします。
これが本当に癒されるんだよなあ・・・春のキャンプの大きな楽しみです。
しばらくは曇り空でしたが、テントを畳み出発の準備が整う頃には青空が広がりつつありました。
まずは、この林道を再び散策してみることにしよう。
c0348553_215379.jpg

c0348553_2154378.jpg

c0348553_2154987.jpg

c0348553_2155548.jpg

c0348553_216327.jpg

ギヤは1速と2速しか使わず、セローよりも速度はさらに遅いですが、これはこれでとても楽しいです。
そんな歩くような速度で、窓を全開にしていると鳥の鳴き声も聞こえてきて、とてものどかな気分に包まれます。
c0348553_2161267.jpg

c0348553_2162023.jpg

c0348553_2162812.jpg

c0348553_2163528.jpg

c0348553_2164145.jpg

c0348553_2164752.jpg

c0348553_2165353.jpg

たっぷりと朝の林道を満喫したら、次なる目的地へ向かうことにしました。
三重県の山深く、宮川ダムから渓谷沿いに延びる「父ヶ谷林道」。
2007年に一度だけ、セローで訪れたことがあったのですが、とても印象深い林道でいつかまた行きたいなあ・・・とずっと考えていたところでした。
c0348553_217234.jpg

c0348553_2171081.jpg

そこまでの道中は、県道・国道を織り交ぜてひた走りますが、春色に色づいた山々の色彩が美しかったなあ・・・。
こんな好天の空の下、気持ち良さそうに走るバイクも多く、見かけるたびに溜め息が漏れます(^^;)
国道を走っていると眼下にダートのわき道が見えたので、気分転換に寄り道していこう。
c0348553_2172873.jpg

c0348553_217343.jpg

c0348553_2174160.jpg

c0348553_2174753.jpg

これが木漏れ日の美しい林道で、思わずテンションが上がります。
ジムニーを止めると、脇を流れる渓流の轟音に包まれます。
c0348553_2175348.jpg

c0348553_218040.jpg

c0348553_218623.jpg

c0348553_2181394.jpg

その後はR422をひたすら南下し、最後はr53に入り宮川ダムへ。
タイトなカーブが連続し、ギヤチェンジが非常に忙しい運転を強いられますが、これがまた楽しいです。
c0348553_2181952.jpg

やがて、下がスケスケの吊り橋で恐る恐るダムを渡ったら、いよいよ父ヶ谷林道の始まりです。
しかし、ここまでが本当に遠いよなあ・・・。
四駆に切り替えて走り始めますが、路面は荒れており車体を大きく揺られながら慎重に進みます。
c0348553_2182981.jpg

c0348553_2183726.jpg

c0348553_218432.jpg

道はダム沿いから、やがて高度をぐんぐん上げて行きます。
ジムニーはずっと1速ですが、頼もしく走ってくれます。
数少ないジムニーでの林道走行で、今回が一番ハードな道だったように思います。
これがセローなら、なんてことないダートですが・・・。
c0348553_2185318.jpg

c0348553_219087.jpg

c0348553_219819.jpg

c0348553_2191481.jpg

c0348553_2192021.jpg

眼下には宮川ダムと、走ってきたダートが見下ろせます。
なんと素晴らしい林道なんだろう。
確か前回の2007年は曇りの寒い日で、風景を楽しむ余裕もなかったような気が・・・。
c0348553_2192889.jpg

c0348553_2193456.jpg

c0348553_2194143.jpg

c0348553_2195843.jpg

c0348553_2110599.jpg

やがて道は崩落で通れなくなっており、引き返すことにしました。
どこまで続くのかドキドキしながら走ってきただけに、ほっとひと安心でした(^^;)
c0348553_21101295.jpg

c0348553_21101820.jpg

c0348553_21102457.jpg

c0348553_21103191.jpg

c0348553_21104165.jpg

まさに南紀の秘境とも呼べる奥深い場所なだけに、今後もここを訪れることは滅多にないと思います。
なので、心ゆくまでこの風景を目に焼き付けました。
c0348553_21105951.jpg

c0348553_2111578.jpg

c0348553_21111139.jpg

ダムまで無事に降りてきて、散りかけの桜を眺めながらひと休み。
ここからさらに南下してもう一泊して、明日は千尋峠のダートに行こうかなあ・・・と思っていたけれど、もう何だかお腹一杯になってしまいました。
そんなわけで、これで切り上げて帰路に着くことに決めました。

もう午後3時を回っており、下道で帰るのはちょっとしんどいかなあ。
来た道を引き返せば、紀勢自動車道の大宮大台ICに出るので、高速で帰ることにしました。
紀勢道~伊勢道~名阪国道~西名阪をつないで、堺に帰ったのでした。
[PR]
by shibainu16 | 2016-04-10 21:11 | 16.4南紀の秘境探検38 | Comments(2)
Commented by ツーチー at 2016-04-11 00:23 x
こんばんは ^^
初めてコメントさせていただきますね。以前から時々拝見していました ^^
私はかつて2輪のオフ車を何台か乗り継ぎ、今はジムニーに乗っています。
オートバイは古いボクサーツインがありますが、今は少しお休みしているところです。

いい感じの林道ですね。私もそのうち訪れてみたいと思いました ^^
それに今年は林道脇でソロキャンプしてみたいなぁ.. なんて考えていましてね。
いろいろと参考にさせていただこうと思っています ^^
Commented by shibainu16 at 2016-04-11 21:40
ツーチー様
コメントありがとうございます。
実は私も、以前から楽しみに拝見しております。
ジムニーで行く林道は、バイクとはまた違った面白さがありますよね。
今後も機会があれば、ジムニーでお出かけしたいなと思っています。
これからの季節は、やはりセローの出番が多くなるとは思いますが・・・(^^;)

紀伊半島には無数に林道がありますので、お気に入りのキャンプ地を探すのも面白いかと思います。
ただ、今回の父ヶ谷林道のような山奥になると間違いなく熊も生息していると思うので控えた方が良さそうです。
ご参考になれば幸いです♪
<< 阿蘇。 3/26 春のカモシカ林道。 >>