3/20~21 今年の初キャンプ。

3連休の後半2日間で、今年初めてのキャンプに出かけることにしました。
ここ最近はほとんど休みがなかったのでいろいろと疲れ果てており、あまり遠出はせずにいつものキャンプ地でのんびり過ごそうと考えていました。
和歌山方面の高速は渋滞が発生していましたが、いざ山道に入り込むと当然ながら誰もいません。
c0348553_20434022.jpg

セローを止めてほっとひといき。
はぁ、やっぱりバイクはいいよなあ・・・しみじみと思う今日この頃です。



c0348553_20435893.jpg

c0348553_20441874.jpg

c0348553_20442745.jpg

c0348553_20443725.jpg

空はすっきりと晴れ渡っているけれど、山の上は冷たい風が吹いていました。
林道に入れば少しはましになるかな・・・先を急ごう。
c0348553_20444787.jpg

c0348553_20445665.jpg

午後1時には早くも、林道の中にあるキャンプ地に到着。
さあ、テントを建ててあとはのんびり昼寝でもしよう。
c0348553_204568.jpg

c0348553_20451711.jpg

c0348553_20452623.jpg

c0348553_20453490.jpg

c0348553_20454360.jpg

テントの中で横になり、賑やかな鳥たちの鳴き声を子守唄にうたた寝。
日常のあれこれも全て忘れて・・・とはなかなかいかないけれど、幸せなひとときでした。
c0348553_20455435.jpg

c0348553_2046362.jpg

c0348553_20461278.jpg

午後4時頃には、お日様が山の向こうへと隠れていきました。
あれほど賑やかだった鳥の鳴き声も、ピタリと止んでいることに気付きます。
聞こえるのは、近くの水場の音だけになっていました。
焚き火を起こし、夕食の支度にとりかかろう。
c0348553_20462455.jpg

c0348553_20463161.jpg

c0348553_20464041.jpg

いつもながらの質素な夕食を済ませたら、あとは焚き火の前でのんびり過ごすだけです。
空を見上げると、お月様がくっきりと見えていました。
こんな何もない山奥で夜を過ごすとき、月明かりは心強い味方になります。
そしてもうひとつ、月明かりは写真を雰囲気良く演出もしてくれます。
c0348553_20465298.jpg

c0348553_2047012.jpg

c0348553_2047992.jpg

c0348553_20472187.jpg

c0348553_20472973.jpg

疲れていたけれど、この風景を見れただけで来てよかったな・・・。
満足感とともに寝袋に潜り込み、眠りに着いたのでした。
そういえば前回は熊にテントを襲われる夢を見てしまい、今回も見るかも・・・とビビっていましたが結局見ずに済みました(^^;)

翌朝は、朝を待ちわびた鳥の鳴き声で目を覚まします。
些細なことですが、これをとても楽しみにしていました。
夜は冷え込んだけれど、朝8時にはテントに朝日が当たり始めすぐに暖かくなってきました。
c0348553_2047397.jpg

c0348553_20474719.jpg

c0348553_20475593.jpg

c0348553_2048417.jpg

カッパを干しているのは、水場が滝のようになっていてカッパを着ないとずぶ濡れになるからです(^^;)
そんなちょっとした不便もあるけれど、大したことではありません。
さあ、テントを畳んで出発の準備を整えよう。
時間に余裕もあるので、付近の林道を少し散策して帰ろうと考えていました。
c0348553_20481454.jpg

c0348553_20482386.jpg

c0348553_20483185.jpg

c0348553_20483835.jpg

c0348553_20484626.jpg

昨日に引き続き好天に恵まれ、トコトコとマイペースでセローを走らせます。
ギヤは2速までしか上げませんが、そんな低い速度でも操る楽しさを味わえるのがセローの良い所。
乗り始めて10年近く経った今でも、この楽しさは変わりません。
c0348553_20485695.jpg

c0348553_2049587.jpg

c0348553_20491329.jpg

c0348553_20492110.jpg

c0348553_20493054.jpg

c0348553_20493793.jpg

c0348553_20494595.jpg

時刻もお昼を回ると、そろそろ帰らないと・・・という寂しさが湧き上がってきます。
そうなると決まって、休憩が多くなるのがいつものこと(^^;)
セローを止め、地面に座り込んでボーっとすることが多くなり、腰を上げるのが重くなってしまいます。
c0348553_20495570.jpg

c0348553_205029.jpg

はぁ・・・。
深いため息を付いて、山を下り帰路に着きました。
[PR]
by shibainu16 | 2016-03-21 20:50 | 小さな旅(セロー) | Comments(0)
<< 3/26 春のカモシカ林道。 2/28 鳥の鳴き声を聴きに。 >>