11/21~22 今年最後のキャンプはちゃんこ鍋。

いつも大変お世話になっているジェベルの友人とのキャンプも年内はこれが最後。
たまには豪華にいこうか・・・ということで、夜は「ちゃんこ鍋」を作ってくれるとのこと。
c0348553_2334316.jpg

土曜日の早朝、紀ノ川の道の駅に集合。
いつもながら、このポンコツ二台は自転車置場が似合うよなあ・・・(^^;)



c0348553_2335754.jpg

c0348553_234988.jpg

c0348553_2341526.jpg

c0348553_2342386.jpg

それにしても、我々二人が一緒に走るというのに、予想外にお天気が良いです。
交通量の無い静かな山道を、鼻歌交じりで駆け抜けました。
キャンプ地はいつもの林道途中の広場の予定ですが、時間にも余裕があるので別の林道に寄り道していこう。
ピストン林道ということもあり、いったん別れてそれぞれのペースで進みました。
c0348553_2343272.jpg

c0348553_2343913.jpg

c0348553_2344484.jpg

c0348553_2344982.jpg

c0348553_2345748.jpg

お天気も良く、バイクの調子も良ければもうそれ以上何もいりません。
あとはただ、キャンプ地まで無事に辿り着きさえすればじゅうぶんでした。
c0348553_235515.jpg

c0348553_2351070.jpg

c0348553_2351779.jpg

c0348553_2352447.jpg

c0348553_2353194.jpg

その後も静かな舗装林道を進みますが、あとはキャンプ地の林道まで一本道というところで再びフリー走行区間にして、早くテントを張って昼寝したいという友人を先に行かせます。
自分は一服したり写真を撮ったりしながら、のんびり進みます。
c0348553_2353850.jpg

c0348553_2354573.jpg

c0348553_2355156.jpg

c0348553_2355733.jpg

途中でお腹が空いてしかたなかったので、ジャケットを脱いで道端に座り込みお昼ご飯をとりました。
そしてしばらく行くと、林道まであと少しというところで友人が止まっていました。
この先で大きな土砂崩れがあり、進めないとのこと。
やっぱり・・・これだけお天気がいいから、何かが起きるとは思っていました(^^;)
早く昼寝したい友人は若干焦っている様子でしたが、迂回路を経由すれば問題ありませんでした。
c0348553_236597.jpg

そして午後2時半頃にはキャンプ地に無事到着。
ちょうどお日様が山の向こうに隠れる時間帯でした。
c0348553_2361121.jpg

c0348553_2361795.jpg

c0348553_2362381.jpg

焚き火を起こし、ひといき着いたらもう夕方になっていました。
友人が束の間のお昼寝から起き出し、夕食の支度にとりかかります。
昼間の暖かさが嘘のように、気温が下がり始めていました。
焚き火の暖かさが心地良いなあ・・・。
c0348553_2363183.jpg

c0348553_2363845.jpg

c0348553_2364716.jpg

待望のちゃんこ鍋が完成!!
これまでのキャンプの中でも最高のご馳走だったかも知れません。
下ごしらえ等、いろいろしていただいて本当に感謝です。
c0348553_2365456.jpg

c0348553_237188.jpg

c0348553_237658.jpg

c0348553_2371213.jpg

今夜は月明かりのおかげで、焚き火の小さな灯りさえあれば不自由はありません。
こんな何も無い場所だからこそ、その有り難味を肌で感じます。
そしてそれは日常では決して気付くことのない、貴重な体験なのかも知れません。
今日一日を無事に終えられたことに安堵し、満足感と共にそれぞれのテントに戻り眠りに着いたのでした。

・・・・・夜中、物音で目を覚ましました。
テントの周りを何者かが歩き回る音。
聞いたことのない、低い鳴き声がこちらを威嚇しています。
そして突然、テントを突き破って姿を現したのは熊でした!
「う、うわぁー!!」
という自分の悲鳴で目を覚ましました・・・夢で良かった(^^;)
c0348553_2372272.jpg

c0348553_237286.jpg

というわけで、何とか無事に迎えた日曜の朝。
友人に夢のことを話すと、私の叫び声が聞こえたそうでビクッとしたそうです。
お騒がせしました・・・。
昨夜のちゃんこ鍋の残りをいただいたら、後片付けにとりかかります。
c0348553_2384100.jpg

c0348553_238109.jpg

c0348553_2381671.jpg

c0348553_2382257.jpg

c0348553_2382881.jpg

朝日を受けて光り輝くススキに見送られて、キャンプ地を後にし帰路に着きました。
結果的にこれが今年最後のキャンプになりましたが、今年も一年を無事に終えることができて本当に良かった。
また来年も、楽しくキャンプできたらいいな・・・。
[PR]
by shibainu16 | 2015-12-21 23:08 | 小さな旅(セロー) | Comments(0)
<< 2016年1月の柴犬まり。 10/18 カモシカ林道へ。 >>