9/22 緑豊かな坂泰支線を行く。

c0348553_20394612.jpg

3日目の朝を無事に迎えました。
長かった夜の暗闇から、やがてテントの外が白んでくるとホッとします。
それにしてもさっきから、車のドアを開け閉めする音が聞こえてきて気になるなあ・・・。



c0348553_20395788.jpg

すぐそばに車が止まっており、釣り人のおっさんがいました。
そういえば昨年、この場所で朝の○んこしてるところを釣り人に見られたっけ(^^;)
気を付けよう。
c0348553_2040798.jpg

c0348553_20401638.jpg

c0348553_2040238.jpg

c0348553_20402935.jpg

c0348553_20403675.jpg

テントの後方から朝日が当たり始めました。
裏手の神社に足を運んで、今日も無事に朝を迎えさせてくれたことに感謝します。
頭上の緑が朝日を浴びて、鮮やかに光り輝いている様子にしばし見惚れていました。
c0348553_20404411.jpg

c0348553_20405072.jpg

c0348553_20405696.jpg

c0348553_2041290.jpg

c0348553_2041870.jpg

c0348553_20411567.jpg

c0348553_2041235.jpg

絶え間ない水の音と、この朝日の眩しさ。
あえて不便な環境に身を置くからこそ、こんな何気ないことに幸せを感じます。
逆に言うと、そんな幸せを感じたくてこんな旅を続けているのかも知れません。
c0348553_20413223.jpg

c0348553_20414055.jpg

c0348553_2041467.jpg

c0348553_2041534.jpg

名残惜しさを感じつつ後片付けを済ませ、セローを目覚めさせました。
今日もエンジンは軽やかにアイドリングしています。
さあ、今日はこれからこの坂泰林道の支線を少し探検してから帰ろう。
支線はいくつかありますが、その中から特に好きな道に行ってみることに。
訪れるのは何年振りだろうか・・・。
c0348553_2042345.jpg

c0348553_2042928.jpg

c0348553_20421634.jpg

c0348553_20422224.jpg

c0348553_20422826.jpg

c0348553_20423481.jpg

c0348553_20424192.jpg

予想通り、そこは美しい木漏れ日に包まれていました。
やっぱり自分はこんな道が大好きです。
気に入った場所があればセローを止めて写真を撮ったりして、のんびりマイペースで進みます。
c0348553_20424847.jpg

c0348553_20425528.jpg

c0348553_2043349.jpg

c0348553_2043966.jpg

c0348553_204316100.jpg

c0348553_20432398.jpg

c0348553_20432918.jpg

やがて道が荒れ始めたところでセローを止めました。
じゅうぶんに心も満たされたし、今日はもうここまでにしておこう。
c0348553_20433795.jpg

c0348553_20434325.jpg

c0348553_20434939.jpg

c0348553_20435684.jpg

c0348553_204425.jpg

本線に戻る途中、日陰を見つけて小休止。
切り株に腰を下ろして、風に吹かれて飛ぶタンポポの綿毛をボーっと眺めていました。
はぁ・・・何だか帰るのが嫌になってきちゃったなあ(^^;)
満足感と寂しさが入り混じった、複雑な気持ちでした。
c0348553_20441427.jpg

c0348553_20442349.jpg

c0348553_20442944.jpg

c0348553_20443541.jpg

c0348553_20444187.jpg

c0348553_20444946.jpg

そして、坂泰林道の終点に辿り着きました。
あとはもう淡々と走って帰ることになるので、名残惜しさで一杯です。
深々と一服してから、高野龍神スカイラインを経て帰路に着いたのでした。
[PR]
by shibainu16 | 2015-12-06 20:44 | 15.9南紀の秘境探検36 | Comments(0)
<< 10/10~11 二人揃うとや... 9/21 2.緑の林道を抜けて... >>