9/20 再び、広見川林道へ。

シルバーウィーク。
ひさしぶりに信州の方にでも行けたらなあと考えていましたが、今月は多忙を極めていました。
あちこち出張に行かされて、普段の仕事は溜まる一方・・・バイクのことを考える余裕もないまま、連休を迎えることになりました。
そんなわけで、勝手知ったる南紀の山々に出かけて疲れた心を癒すことにしたのでした。
c0348553_223309.jpg

まずは、渋滞知らずの裏道で高野山に上りました。
ここから高野龍神スカイラインを南下して、初日の今日は広見川林道まで行こうという計画です。
ちなみに、明日以降の予定は何も考えておらず、そのときの気分次第(^^;)



c0348553_22331059.jpg

c0348553_22331924.jpg

スカイタワー手前のわき道でひと休み。
今日は願ってもない好天に恵まれました。
やはり、ジェベルの友人と一緒ではないから・・・か?
c0348553_22332750.jpg

c0348553_22333478.jpg

途中で食料を調達し、午後1時過ぎに広見川林道に入りました。
これから明日の朝までは、人里離れたこの林道の奥でたった一人、過ごさなければいけません。
経験を重ねても、いざ林道に入るときはやはり不安でなりません。
でも、降り注ぐ柔らかな木漏れ日を浴びながらトコトコ進んでいるうちに、そんな不安もいくらか和らいでいくような気がしました。
c0348553_22334339.jpg

c0348553_22335051.jpg

c0348553_22335767.jpg

c0348553_2234596.jpg

c0348553_22341163.jpg

まだ時間にも余裕があるので、行ったことのない終点まで行ってみよう。
予想通り、途中からは落石が多く路面も荒れてくるけれど、セローは軽やかに走ってくれます。
でも今考えると、この旅を終えた直後にクラッチワイヤーが切れてしまったわけで・・・こんな山奥じゃなくてよかった。
c0348553_22341999.jpg

c0348553_22342621.jpg

c0348553_22343372.jpg

c0348553_22344056.jpg

終点のゲートまで辿り着いたら、引き返してキャンプ地の広場に戻り、テントの設営にとりかかりました。
この時点でもう、お日様は山の向こうに隠れてしまっていました。
c0348553_22344826.jpg

c0348553_22351862.jpg

c0348553_22352824.jpg

c0348553_22353514.jpg

c0348553_22354257.jpg

c0348553_22355178.jpg

テントを建てたら焚き木を拾い集め、火を起こします。
暖をとるほど寒くはありませんが、大きな目的は動物除けのためです。
そしてもうひとつの目的が、シャウエッセンを焼くためであります。
c0348553_22355955.jpg

c0348553_2236686.jpg

c0348553_22361215.jpg

c0348553_22361967.jpg

c0348553_2236253.jpg

お腹が一杯になったら、あとは焚き火の世話をしながらのんびり過ごすだけです。
聞こえるのは焚き火の音と、目の前の渓流の音だけ。
昨日までの慌ただしい日常とは、何という違いなのだろう。
そんなことをしみじみと感じながら、静かな夜が更けていきました。
そういえば明日はどうしよう。
古座川あたりまで足を延ばすのもいいかな、と思ったけれど、この周辺を散策して坂泰林道でキャンプしようかな。
まあ、明日の朝の気分で決めようか(^^;)
[PR]
by shibainu16 | 2015-11-22 22:36 | 15.9南紀の秘境探検36 | Comments(0)
<< 9/21 1.広見川林道で過ごす朝。 2015年11月の柴犬まり。 >>