8/16 1.丘の上の一日。(前編)

c0348553_23391271.jpg

兜沼の静かな朝。
テントのファスナーを開けて気になる空模様を伺うと、雲が多いもののそれほど悪くはなさそう。



c0348553_23392568.jpg

c0348553_23393539.jpg

この大好きなキャンプ場をあまりにも早く立ち去ってしまうのが惜しい気がして、今日は珍しくのんびりと休み休み後片付けをしていました。
荷物をリヤバッグに入れ終えてセローに積んでいると、向こうから一組のカップルが近づいてきました。
「ひょっとして、shibainuさんですか?」
「・・・・・はい、私がshibainuです。」
男性の方がハーレー、女性の方がジムニーで北海道を回られているとのことで、このブログを気に入ってくれていると聞いてとても嬉しくなりました。
ちょっとだけ立ち話をして、お互いの旅の安全を祈ってお別れしました。
びっくりした・・・(^^;)
さあ、それでは宗谷の丘へ向かおうか。
c0348553_23394390.jpg

c0348553_23395255.jpg

c0348553_2339595.jpg

c0348553_234065.jpg

道中は珍しく花の写真なんかを撮りつつ進みますが、空はどんよりとしていまいち気分も盛り上がってきません。
でも、風車と共に宗谷丘陵が見えてくる頃になると、次第に青空が広がりつつありました。
はやる気持ちを抑えつつ、手前のセイコマで昼食と飲み物を買ってから丘へと上がる道に入りました。
時刻は午前9時前でした。
c0348553_23401582.jpg

c0348553_23402298.jpg

c0348553_23402844.jpg

c0348553_23403565.jpg

c0348553_23404184.jpg

c0348553_23404742.jpg

どこを切り取ってももう、自分にとってはお馴染みの風景。
この貝殻の道ではかつて、強風に煽られてセローを倒してしまい、ブレーキレバーが折れたっけ・・・そんなことを懐かしく思い出したりします。
c0348553_23405877.jpg

c0348553_2341424.jpg

c0348553_23411192.jpg

c0348553_23411665.jpg

c0348553_2341225.jpg

昨日過ごした道の果ての草原に辿り着き、再びイスを広げました。
視界の中には草原の緑と空の青、そしてセローだけしかない世界。
聞こえるのは風の音だけ。
そんな特別な場所で過ごす時間は、これ以上ない夢のようなひとときでした。
そうだ、せっかくだから三脚を立てて自分も写真に収まろう・・・(^^;)
c0348553_23412934.jpg

c0348553_23413894.jpg

c0348553_23415021.jpg

カメラの位置やレンズの画角によって、切り取る世界は大きく変わります。
この広大な風景を前にすると、いつもどうするか悩むところです・・・。
でも、この場所に通い続けて、いろんなことを勉強させてもらっているような気がしてなりません。
c0348553_234202.jpg

c0348553_2342844.jpg

c0348553_23421418.jpg

c0348553_23422030.jpg

ふと気付くと、遠くの丘の上で鹿さんたちが昼食中の様子。
そんな光景を微笑ましく眺めていました。
さて、ぼちぼち動き出そうか。
宗谷の風を受けて冷え切ってしまっていたセローを、チョークを引いて目覚めさせたのでした。
c0348553_23422619.jpg

c0348553_23423291.jpg

c0348553_23423821.jpg

c0348553_23424483.jpg

c0348553_23425096.jpg

c0348553_23425717.jpg

草原の中に美しい曲線を描く、貝殻が敷き詰められた白い道。
その美しさはやはり、今日のような好天の日に際立ちます。
旅の序盤、北見から宗谷に行くと決めてからお天気がどうなるか、ずっと不安を抱えていたけれど、今となってはその不安が夢だったかのようです。
もうこの時点ですっかり、心は満たされていました。
c0348553_2343656.jpg

c0348553_23431336.jpg

c0348553_23431931.jpg

c0348553_23432583.jpg

c0348553_23433126.jpg

c0348553_23433895.jpg

昨日は霧で視界の悪かった、ジェットコースターの道。
望遠レンズで思い切り引き寄せてみると、まるで壁のように見えるから面白いです。
c0348553_23434632.jpg

c0348553_23435299.jpg

c0348553_23435939.jpg

夢中になってシャッターを切っていると、向かうから一台のバイクが近づいてきました。
カワサキの黒いスーパーシェルパ。
リヤにボックスを積んで・・・あれ、確かそんな人がこのブログにコメントをくれたことがあったような気がします。
そんな風に思いながら会釈して見送りましたが、直後にそのシェルパが急停止。
ひょっとして・・・?
[PR]
by shibainu16 | 2015-10-19 23:44 | 15.8北海道 | Comments(0)
<< 8/16 2.丘の上の一日。(後編) 8/15 2.丘陵の霧が晴れて。 >>