8/15 2.丘陵の霧が晴れて。

c0348553_22522488.jpg

霧に包まれた宗谷丘陵。
呆然とセローを止めて辺りをうかがうと、遠くから鹿がこちらをじっと見つめているのに気付きました。
やあ、また今年もやって来たよ・・・(^^;)



c0348553_2252414.jpg

c0348553_22525176.jpg

c0348553_22525869.jpg

c0348553_225368.jpg

c0348553_2253131.jpg

お気に入りの、ジェットコースターの道も霞んでいて、向こうに見えるはずの海もまったく見えません。
この状況だと、さすがにここに長居する気も起きず、早めにキャンプ場に行ってのんびり過ごそうかな・・・そんな思いにかられます。
とりあえずは、落ち着ける場所に行ってから考えることにしました。
c0348553_2253216.jpg

c0348553_2253315.jpg

c0348553_22533848.jpg

c0348553_22534550.jpg

c0348553_22535455.jpg

道の終わりに広がる草原に辿り着き、ここでイスを広げて昼食がてら、しばらくのんびりすることにします。
昼食といっても、いつものセイコマの塩おにぎり2個セットだけです(^^;)
宗谷の風に吹かれつつ、真っ白な空を恨めしく眺めていました。

・・・1時間近く経った頃だったか、雲の隙間から青空が見えたような気がしました。
c0348553_2254486.jpg

c0348553_22541432.jpg

c0348553_22542970.jpg

c0348553_22543772.jpg

c0348553_22544534.jpg

c0348553_22545229.jpg

ついさっきまでの霧がまるで夢だったかのように、青空が広がりつつありました。
今日はさすがにもうだめかと諦めかけていたので、このときの嬉しさといったら・・・。
ひさしぶりに見る青色が、いつも以上に美しく尊いものに思えてなりませんでした。

こうして、何をするわけでもなくただボーっと空を眺めるなんて、久しくなかったように思います。
そしてそれは、とても幸せな時間でした。
c0348553_225579.jpg

c0348553_22551373.jpg

c0348553_22552216.jpg

c0348553_22553162.jpg

c0348553_22553864.jpg

c0348553_22554625.jpg

c0348553_22555346.jpg

ブーツを脱いで、昨日の雨に濡れて湿ったままだったカメラバッグも乾かそう。
やっぱりカメラバッグは防水のものにしないとだめかなあ・・・。
c0348553_2256292.jpg

c0348553_2256950.jpg

c0348553_22561753.jpg

すっかり冷え切ってしまったセローのエンジンを始動し、再び走り出すことにしました。
もう今日はここで過ごしたひとときで十分満足したし、あとは軽く丘陵を散策してキャンプ場に向かうことにしよう。
今日よりはお天気も良くなりそうな明日、再び訪れてたっぷり一日過ごすつもりでした。
c0348553_22562822.jpg

c0348553_22563573.jpg

c0348553_22564165.jpg

c0348553_22565127.jpg

c0348553_22565869.jpg

c0348553_2257641.jpg

c0348553_22571293.jpg

愛すべき?鹿さんたちに別れを告げて、丘を降りました。
その後はいつものセイコマで夕食を買い、いつもの道道で兜沼のキャンプ場を目指します。
今日一日の旅の余韻に浸りながら、慣れ親しんだ道をのんびりと走りました。
c0348553_22572271.jpg

c0348553_22572859.jpg

c0348553_2257352.jpg

c0348553_22574122.jpg

c0348553_22574774.jpg

c0348553_22575315.jpg

夕方6時過ぎにキャンプ場に辿り着きました。
顔馴染みの管理人さんに挨拶をして、テントを建てます。
ライダーのテントは数えるほどしかなく、かなり空いていて静かに過ごせそうで良かった。
この、静かに過ごせる雰囲気であることが、兜沼のキャンプ場の一番好きなところです。
いつまでも変わらず、このままの大好きなキャンプ場であってほしいなと思います。

テントを建てたら場内のシャワーを浴び、夕食をとりつつコインランドリーで洗濯をしてほっとひといき。
あとはイスに腰を下ろして、涼しい夜風に吹かれながらのんびりと過ごします。
それは何とも言えない、心安らぐひとときでした。
明日の丘陵はどんな表情を見せてくれるのかな・・・あれこれ想像しつつ、寝袋に潜り込んだのでした。
[PR]
by shibainu16 | 2015-10-16 22:58 | 15.8北海道 | Comments(2)
Commented by fielder at 2015-10-17 16:12 x
こんにちは
宗谷丘陵 晴れてよかったですね、私は今年も北海道に行けませんでした。
shibainu16さん 私の気持ちの分まで代わりに行ってくれてるようでうれしいです
また、おじゃまします
Commented by shibainu16 at 2015-10-20 00:06
fielder様
辿り着いたときは正直、途方に暮れてしまいましたが、奇跡的に回復してくれて嬉しかったです。
楽しんでいただけて何よりです。
この翌日が、個人的にこの旅のハイライトになりますので、引き続き楽しく見ていただけたらなと思います。
<< 8/16 1.丘の上の一日。(前編) 8/15 1.霧に霞むエサヌカ... >>