8/14 1.山影林道・ニイタップ林道・支流の沢林道を経て、オホーツク海へ。

c0348553_16463490.jpg

目を覚ましテントの外に出てみると、辺りは真っ白な霧に包まれていました。
う~ん、天気予報でも曇りがちと言ってたし、ちょっとがっかりしつつ出発の準備を整えました。



c0348553_16464644.jpg

6時にはキャンプ場を出発。
今日はクッチャロ湖まで行くつもりで、そこまでは林道をいくつか繋いで向かうルートを昨晩のうちに考えていました。

留辺蘂からR242を北上、金華峠を越えてまずは初めての「ニイタップ林道」へ向かいます。
林道入口で地図を確認してみると、最終的に「山影林道」に名前が変わるようですが、その終点にゲートの記号があるのに気が付きました。
距離は17kmもあるし、もし通過できなかったらやばいよなあ・・・。
そこで、引き返して反対の山影林道側から行ってみることにしました。
以前通ったことのあるダート道道のr493沿いに、山影林道入口はあるようです。
ゲートが通れないなら、そのままr493で遠軽町方面に抜けるつもりでした。
c0348553_1647025.jpg

r493のダート区間入口にて小休止。
一服していると、つつじ公園で一緒だったDR650のライダーさんがやってきました。
c0348553_1647831.jpg

さっきも、昼食を買いに寄ったセイコマで会ったし、行くとこは同じですね・・・(^^;)
軽く情報交換等して、カメラバッグに熊鈴を装着し先に走り出しました。
c0348553_16471735.jpg

c0348553_16472571.jpg

c0348553_16473450.jpg

山影林道入口を注意深く探しながら走っていると、それらしき分岐を発見。
何だか交通量も少なそうな路面状況だけれど・・・思い切って行ってみよう。
c0348553_1647435.jpg

c0348553_16475027.jpg

c0348553_16475763.jpg

c0348553_1648531.jpg

c0348553_16481365.jpg

c0348553_16482036.jpg

路面の真ん中が緑に覆われている、自分好みの道が続きます。
人っ子一人いないので、転倒などのアクシデントは絶対に避けなければなりません。
なので、とにかく安全最優先の走りを心がけます。
そして気付くと、いつの間にか青空が広がりつつありました。
c0348553_16482848.jpg

c0348553_16483452.jpg

c0348553_16484213.jpg

c0348553_16484891.jpg

c0348553_16485412.jpg

c0348553_1649135.jpg

昨日も言ったような気がするけれど、お天気に恵まれ、それにバイクの調子も良ければそれだけで幸せでした。
初めての林道でドキドキはかなりのものですが、このお日様が心強い味方です。
日射しを浴びて光り輝く緑の中を、セローでトコトコと進む・・・それは至福のひとときでした。
c0348553_16491064.jpg

c0348553_16491612.jpg

c0348553_1649239.jpg

c0348553_16493019.jpg

c0348553_16493811.jpg

c0348553_16494564.jpg

無事に17kmのダートを走破。
また再訪したいと思える、素晴らしい道でした。
その後はR333を丸瀬布方面へ走り、r305の金八峠を越えて紋別市に入りました。
交通量のほとんどない道道を快走し、「支流の沢林道」に向かいます。
ここも今回初めて通る道で、距離は10km強、終点でオホーツク海沿いのR238に合流します。
c0348553_16495415.jpg

c0348553_1650269.jpg

c0348553_1650966.jpg

c0348553_165015100.jpg

c0348553_16502694.jpg

序盤はかなり開放的な風景の中を進みますが、えらく人の手が入った雰囲気でいまいちかな・・・。
でも、峠を越えてオホーツク海へ向けての下りに差し掛かると、さきほどのニイタップ林道と似たような風景に変わります。
c0348553_16503474.jpg

c0348553_16504020.jpg

c0348553_16504666.jpg

c0348553_16505352.jpg

c0348553_1651093.jpg

c0348553_1651759.jpg

3日目で少しは慣れてきたとはいえ、セローを止めて写真を撮るのはやはり怖いです。
なので、エンジンを切る前に、派手にクラクションを鳴らしておきます。
c0348553_16511619.jpg

c0348553_1651266.jpg

c0348553_16513484.jpg

c0348553_16514171.jpg

c0348553_16514979.jpg

c0348553_16515654.jpg

今朝は気温が低く、長袖を一枚着込んでいましたが、今はすっかり気温が上がり暑く感じるほどになりました。
写真を撮るため歩き回っていると、ヘルメットの中はもう汗だくです。
でも、再び走り出せば風は涼しく、とても気持ちいいなあ・・・。
c0348553_165247.jpg

c0348553_16521036.jpg

c0348553_16521711.jpg

c0348553_16522493.jpg

途中に、緑が綺麗な支線の入り口があり、その美しさに思わずセローを止めました。
なんと魅力的な絵なんだろう・・・。
でも、支線を探検するまでの心の余裕は持ち合わせていなかったので、後ろ髪引かれつつ本線を進みます。
c0348553_16523180.jpg

c0348553_16523862.jpg

c0348553_16524620.jpg

最後は、ほぼ一直線のダートになります。
ハンドルに装備したGPSの地図も、オホーツク海に間もなく出ることを示しつつありました。
そして、オホーツク海に出たところに、かつて何度も走った海沿いのコムケ湖のダートがありました。
一度として晴れることのなかったコムケ湖・・・さすがに今日はこの青空なので大丈夫のはず。
心躍らせながら、セローのスロットルを開けたのでした。
[PR]
by shibainu16 | 2015-09-27 16:59 | 15.8北海道 | Comments(2)
Commented by サンタカ at 2015-09-28 22:07 x
sibainu16さんの写真を見るとどれも素敵な林道に見えますね。
実際素敵なんでしょうね。
私もニイタップ林道に行こうとウラシマナイ林道から向かったのですが、道道493のほうえ行ってしまいニイタップ林道へ行けずじまいでした。
道道493のダートとニイタップ林道への分岐点は分かりづらいですね。油断してました。
Commented by shibainu16 at 2015-10-03 21:10
サンタカ様
私の写真の腕では、この目で感じた林道の魅力を全ては伝えきれません。
時間をかけてじっくり撮りたい場面も少なくないのですが、ここが北海道ということを考えると怖くて・・・(^^;)
分岐点は確かに分かりにくかったですね。
ツーリングマップルに記載されている入口とは、微妙に違っていたような気がします。
<< 10/3 初めてのレッカー車。 シルバーウィークは南紀の旅へ。 >>