8/13 2.再び、湯の山峠を越えておけと湖へ。

時刻は9時半、上武利林道を戻り始めました。
若干、雲が増えてきたけれどこの様子だと雨は大丈夫そうでした。
c0348553_22511543.jpg




c0348553_22512865.jpg

c0348553_22513761.jpg

c0348553_22514649.jpg

普段慣れ親しんでいる南紀の水の風景とはまた違った、北海道の水の風景の美しさ。
そこには、神秘的な美しさのようなものを感じてなりません。
林道は、昨日の雨で増水しているであろう川の轟音に包まれていました。
c0348553_22515712.jpg

c0348553_2252434.jpg

c0348553_22521115.jpg

c0348553_22521786.jpg

c0348553_22522431.jpg

お天気に恵まれ、それにバイクの調子も良ければもう、それだけでじゅうぶんです。
セローを止めて写真を撮るために歩き回っていると暑く感じるほどですが、再び走り出せばスーッと汗が引いていきます。
人っ子一人いない林道で心細さはもちろんありますが、この好天が何よりの心強い味方でした。
時折、チリンチリン♪と鳴く熊鈴の音を心地良く感じながら、セローは走ります。
c0348553_22523240.jpg

c0348553_22523955.jpg

c0348553_22524570.jpg

c0348553_22525236.jpg

c0348553_22525948.jpg

c0348553_2253579.jpg

再び湯の山峠を越えてシケレベツ林道入口に戻って来たのが、11時前でした。
あ~、疲れた・・・(^^;)

その後はR39を旭川方面に10kmちょっと走り、曲り沢峠のダートを越えておけと湖方面へ向かいました。
そして初めての「上幌加林道」に行ってみることにしました。
終点で、何度も走ったことのある「常呂川本流林道」に合流する、15km程の林道です。
c0348553_22531314.jpg

c0348553_22531928.jpg

c0348553_22532632.jpg

c0348553_22533442.jpg

c0348553_22534247.jpg

初めは路面もフラットで快調に進んでいましたが、やがてほとんど交通量の無い雰囲気に包まれてきました。
日も陰りがちになってきて、不気味だな・・・クラクションをこまめに鳴らしながら、慎重に走らざるをえません。
c0348553_22535414.jpg

c0348553_2254379.jpg

やっとの思いで常呂川本流林道に合流。
今走ってきた道を振り返ってみると、こりゃあ、こちら側からは入ろうと思わないよなあ・・・。
ほっと一服したら、おけと湖の方へ走っていこう。
c0348553_22542246.jpg

c0348553_22544086.jpg

c0348553_22544759.jpg

c0348553_22545330.jpg

c0348553_2255051.jpg

c0348553_2255628.jpg

ダートを無事に走り切り、おけと湖に辿り着いたところで久しぶりに本格的な休憩をとることにしました。
時刻はもう午後2時前。
昼食用に買っておいたおにぎりも、林道の中では落ち着いて食べることもできなかったのでお腹が空いていました。
c0348553_22551424.jpg

c0348553_22552167.jpg

ベンチに横になり、空を見上げながらこれからのことをしばらく考えていました。
今日はこれから、士幌まで走って一泊し明日は阿寒湖周辺の林道を・・・と考えていたのですが、今の自分の頭の中に浮かんでくるのはやっぱり、ここから遠く離れた宗谷の風景でした。
毎年のように行っているから、今年はもういいかな・・・と行く前に考えていても、今こうして手の届く距離に身を置いてみると心が揺れます。
そんなわけで、今日はこれから再びつつじ公園に戻って一泊し、明日から北上することに決めたのでした。

おけと湖からr88の峠を越えてR39に向かう途中で小雨が降り出しましたが、カッパは着ずに乗り切ります。
それにしても、初めて通るこの道道、ところどころにダートの分岐があってとても気になります。
また今度、機会があれば探検してみよう。
c0348553_22553135.jpg

午後3時半にはテントを張り終え、しばらくイスに座ってのんびり過ごしていました。
あとは温泉に入って疲れを癒そう。
ところが、キャンプ場そばのホテルの温泉に行くと今日は日帰り入浴はできないとのことで、近くの別のホテルを案内されました。
c0348553_22554333.jpg

こちらのホテルの温泉に初めて入りましたが、何だか昭和な香りのする浴室で和みます。
気持ち良く浸かっていると、どこからか熊鈴のチリンチリン♪という音が聞こえたような気がしました。
でもそれは空耳だったことに気付き、昼間の熊鈴の音が耳に残っていただけでした(^^;)
些細な出来事ではありますが、それはとっても心に残るひとときでした。

そういえばガスストーブは壊れて使えなかったので、帰りにセイコマでお弁当を買ってからテントに戻りました。
昨日に比べるとテントの数もだいぶ増えており、奥のほうにテントを建てておいてよかった・・・。
夕食を終えたら地図を開いて、明日の作戦を考えます。
明日中に宗谷まで行こうと思えば行けないことはありませんが、今回はいくつか初めての林道を走り、クッチャロ湖まで行くことに決めました。
地図を閉じるとすぐに、睡魔が襲ってきました。
結局、今日は80km近くのダートを走った計算になるはずで、そりゃあ疲れるはずだよなあ・・・。
果たして明日はどんな一日になるのか、楽しみにして眠りに着きました。
[PR]
by shibainu16 | 2015-09-09 22:56 | 15.8北海道 | Comments(0)
<< シルバーウィークは南紀の旅へ。 8/13 1.快晴の湯の山峠を... >>