8/22~23 渓流とセミの鳴き声に包まれて。

北海道から帰ってきて最初の休日。
北海道ももちろん良かったけれど、我が心の故郷・南紀の水と緑の風景が恋しいなあ・・・ということで、坂泰林道にキャンプに出かけることにしました。
といってもセローは未だ帰ってきていないので、今回は久しぶりにジムニーの出番です。
c0348553_2171992.jpg

午後の早い時間に目的の河原に到着。
相変わらず誰もいないのにホッとしつつ、テントを設営しました。



c0348553_2172976.jpg

c0348553_2173828.jpg

c0348553_2174725.jpg

c0348553_2175385.jpg

動き回っていたら汗が止まらない・・・というわけでもちろん、水中眼鏡を着けて泳ぎます。
これがもう、言葉にしようがないくらいの至福のひとときであります。
あとは日陰でイスに腰掛けて、渓流とセミの鳴き声に耳を傾けてボーっと過ごしていました。
さすがにこの時期になると、カジカガエルの鳴き声はまったく聞こえません。
c0348553_218030.jpg

c0348553_218143.jpg

c0348553_2182130.jpg

c0348553_2182873.jpg

c0348553_2183417.jpg

c0348553_2184198.jpg

セローでのキャンプと唯一違うのが、クーラーボックスを持ってきていることで、それ以外はまったく変わりません。
シンプルなのが一番、余計な荷物は不要です。

まだ明るいうちに夕食を済ませたら、あとは焚き火の前で何もせずに過ごすだけ。
思えばこうして一人でキャンプするのも、ずいぶん久しぶりのような気がするなあ・・・。
こう見えてここ最近はいろいろと悩み事が多いので、焚き火の炎を眺めながらしんみりと考え込んでしまいました。
何だか今日は、星の写真も撮る気が起きないなあ・・・。

夜8時ごろにはテントに戻りましたが、灯りを消すと当然ながら真っ暗闇。
例えばこの間の北海道のキャンプ場の夜とは、緊張感が違います。
鹿と思われる動物の足音も、すぐ近くから聞こえてきます。
いつしか眠りに着き、やがて夜中に目を覚ますとかなり気温が下がっており、寝袋に潜り込みました。
c0348553_219667.jpg

c0348553_2191463.jpg

c0348553_2192285.jpg

長かった夜がようやく終わり、待望の朝日が河原に降り注ぎました。
空を見上げると雲がほとんどありません。
こりゃあ今日も気温が上がりそうだなあ・・・。
せっかくここまで来たので、今日はこれから近くの広見川林道に寄り道して行くことにしました。
c0348553_2193257.jpg

c0348553_2193944.jpg

c0348553_2194660.jpg

c0348553_2195322.jpg

やっぱり、この好天だと木漏れ日がとても美しいなあ。
それに、窓を開けて走れば涼しく、エアコンはいりません。
ギヤは1速と2速だけで10km/h程、普段のセローよりもさらに遅いペースで、のんびりと雰囲気を味わいながら進みます。
序盤は路面も良好、勾配も緩やかでとても走りやすい林道です。
c0348553_2110230.jpg

c0348553_2110940.jpg

c0348553_21101681.jpg

c0348553_21102248.jpg

c0348553_21103081.jpg

c0348553_21103642.jpg

道はまだ先がありますが、今日のところはここまでにしておこう。
そして、引き返す前にここで泳いでいくことにしました。
実はこれが一番の楽しみでした(^^;)
c0348553_21104730.jpg

c0348553_21105341.jpg

c0348553_2111111.jpg

c0348553_2111817.jpg

c0348553_21111692.jpg

c0348553_21112242.jpg

GWにこの林道を訪れたとき、一番印象に残っていたのがこの水の美しさでした。
今こうしてカメラのファインダー越しに眺めていて、本当にここで泳げるのか・・・ワクワクドキドキが抑えられません。
そして水中眼鏡を取り出して潜ってみると・・・昨日の坂泰林道よりも水はさらに冷たく、そして水中の世界も素晴らしいものでした。
いつの日かここでキャンプして過ごせたら、どんなに素晴らしいだろう。
そんなことを想像しながら、しばらくぼんやりと過ごしていました。
c0348553_21113228.jpg

c0348553_21113981.jpg

c0348553_21114585.jpg

c0348553_21115191.jpg

c0348553_21115885.jpg

c0348553_2112575.jpg

c0348553_21121264.jpg

名残惜しさで一杯でしたがお昼にはこの素晴らしい林道に別れを告げて、帰路に着くことにしました。
今回は超久しぶりにジムニーでキャンプに出かけたような気がするけれど、機会があればまた行きたいと思います。
でもセローが帰ってきたら、やっぱりセローで行くんだろうなあ・・・(^^;)
[PR]
by shibainu16 | 2015-08-23 21:12 | 15.8南紀の秘境探検34 | Comments(4)
Commented by 青ゆず at 2015-08-31 12:51 x
はじめまして。セロー乗りの青ゆずと申します。
どの写真もきれいですね♪
自然の中に出掛けて行きたくなります。
ジムニーにもお乗りのようでうらやましい♪

今後ともよろしくです。
Commented by shibainu16 at 2015-08-31 23:54
青ゆず様
初めまして、コメントありがとうございます。
写真気に入っていただけたようで、とても嬉しいです。
ジムニーでキャンプに出かけるのは実は数年振りでしたが、これはこれで気楽に楽しめていいですね。
でも私はやっぱり、セローで行くキャンプのほうが好きです。
セローも北海道から帰ってきましたので、早速今週末キャンプに行こうかと企んでおります。
こちらこそ、よろしくお願いします。
Commented by fielder at 2015-09-01 10:55 x
青ゆずさんにこちら、shibainu16さんのブログを紹介させていただきました。
同じセローイストであり、ジムニーにも興味を示されていたので。。
よろしくお願いします^^
Commented by shibainu16 at 2015-09-04 21:13
fielder様
了解です。
ジムニーのほうはおまけみたいなもので(^^;)ときどきしか登場しませんが、興味を持っていただければ嬉しいですね。
セローも帰ってきましたので、今週末はキャンプに出かける予定です。
<< 8/12 雨上がりの虹。 北海道の旅を無事に終えて。 >>