5/17 ひさしぶりに未知の林道を探検。

好天の日曜日。
バイクに乗ろうと決めていたけれど、遠出する気もなく、いつものお散歩ルートを走っていました。
その途中に、以前から気になっていたわき道があり、今日はそこを散策してみることに。
c0348553_20422873.jpg

通るものもいない静かな山道。
のんびりとマイペースでセローを走らせますが、いったいこの道はどこに通じているのだろう・・・。



c0348553_20423876.jpg

c0348553_20424725.jpg

急勾配の坂で一気に高度を上げたところに、見知らぬ林道の入り口がありました。
かつてはこんな風に知らない林道を探して走り回ったものでしたが、近年はそうしたこともほとんどなくなっていました。
そんなわけで、ひさしぶりに感じるこのワクワクドキドキ・・・胸の高鳴りを抑えながら、セローに跨ったのでした。
c0348553_20425586.jpg

c0348553_2043542.jpg

c0348553_20431223.jpg

c0348553_20431823.jpg

c0348553_20432548.jpg

昨日までの雨で路面はぬかるんでおり、1速を多用してゆっくりと進んでいると、やがて木漏れ日の美しい森が現れました。
写真で伝えるのはとても難しいけれど、ここは近場の林道では近年稀に見るほどの屈指の美しさでした。
昔、セローのカタログでこんな森でキャンプしている写真があって憧れていたのを思い出します。
でも、近くに水場が見当たらないので、ちょっと厳しいかな・・・(^^;)
c0348553_2043338.jpg

c0348553_2043404.jpg

c0348553_20434773.jpg

c0348553_20435474.jpg

森を抜けると道は下り始めます。
道幅も狭くかなり荒れており、気を抜けない走行が続くけれど、セローは軽やかに走ってくれます。
c0348553_2044211.jpg

c0348553_2044937.jpg

c0348553_20441438.jpg

30分ほど走ると、林道は終点で某県道に合流していました。
逆に、こんなところに入口があるなんて誰も分からないよな・・・という感じの場所。
自分だけのお気に入りの道がまた一つ増えたことに、気分は高揚していました。
再び林道を上り返すことにしたのでした。
c0348553_20442643.jpg

c0348553_20443242.jpg

上りはほぼ1速だけしか使えずまったく気を抜けないけれど、セローを止めてエンジンを切ると、聞こえてくるのはのどかな鳥たちの鳴き声。
リヤバッグから昼食のおにぎりを取り出して、ささやかなお昼休みにしました。
c0348553_20444159.jpg

c0348553_20444980.jpg

c0348553_20445663.jpg

c0348553_204539.jpg

c0348553_2045925.jpg

c0348553_20451590.jpg

最後は再び、序盤の美しい森で写真を撮りつつのんびり過ごしました。
この雰囲気にすっかり魅せられてしまったので、これから先も何度も訪れることになりそうな予感がします。
ひさしぶりの未知の林道に巡り合えた喜びで、大満足で帰路に着いたのでした。
[PR]
by shibainu16 | 2015-05-24 20:45 | 小さな旅(セロー) | Comments(0)
<< 5/30 新しいイスを持って森... 5/2 3.再び、カジカガエル... >>